いぶし銀の、文具とねこの日々。

万年筆とノートとほぼ日を中心に、文具とねこを語ります。

【勉強】小中学生の算数・数学には方眼ノートがおすすめ

 


ads by Google

ノートの書き方についての記事が続いてますが、

ノート大好きな僕なので仕方ありませんね(笑) 

今日は算数や数学におすすめのノートです。

 

やはり方眼がベスト・オブ・ベスト 

ノートの中では特に方眼ノートが大好きなのですが、

方眼が真価を発揮するのは小中学生の算数・数学ではないかと。

 

 

低学年から中学年(1〜4年生)くらいまでは、

筆算を書く場合が非常に多いです。

足し算・引き算に始まり、

2桁〜4桁の掛け算、割り算まで。

位をしっかりとそろえなければならない筆算では、

横罫だけだと不十分。

 

これが掛け算。

縦が揃わないと計算が合いません。

 

こちらが割り算。

これも縦が合わないとわけがわかりません。

 

 

最近ではドットの入った横罫ノートもありますが、

10歳くらいまでの子どもに

ドットだけで縦の位置感覚を掴ませるのは

実質不可能と言っていいでしょう。

平面上の位置把握能力が相当高い子なら別ですが、

まず無理です。

 

最近の小学生はおりがみやプリントの角を合わせてきっちり折る、

ということが出来ない子も少なくありません。

 

ですから、「縦の線が入っている」というのは

非常に重要なんです。

 

 

縦を揃えるとノートが美しくなる

実は僕が方眼が好きなのもこの点にあります。

横罫だと横は揃うけれど、縦が揃わない。

 

特に僕は専門が英語でしたが、

英語のノートを作るときでも縦が揃わないと美しくならない

というか、

縦の並びを意識した板書をしていたので、

自ずと方眼罫のノートを使うようになるんです。 

 

 

中学生は図形やグラフを書くときに便利

中学生でも、方程式の「=」を縦にそろえて書くのに

方眼ノートは便利ですよ。

 

特に便利なのは図形ですね。

平面図形はもちろん、空間図形でも方眼罫は便利!

面積や体積を求めるのはもちろん、

三平方の定理でも図形をノートに書く機会がありますしね。

 

あとはグラフ!

中2で習う1次関数(y=ax+b)のグラフ、

中3で習う2次関数(今は「二乗に比例する関数」といいますが)は

方眼じゃないと厳しいんじゃないでしょうか。

僕は横罫だけで美しいグラフを書く自信ないです。

 

僕は中学生までは理科以外の全科目を教えていましたが、

黒板には方眼が入っていたのでどうにかグラフが書けました。

図とか絵とか苦手なんですよ(苦笑)

 

 

ということで、中学生くらいまでは

特に算数・数学で方眼ノートがおすすめですよ。

 

小中学生はでかく書くべし

小中学生に見られる傾向として、

「小さいスペースにちまちま書く」というのが見られます。

 

「小数第3位を四捨五入しなさい」なんていう割り算は

明らかに下に長くなりますが、

下に2行くらいしかスペース取らないとかね。

横にも筆算を4つくらいぎっしり書いてたりとか。

 

「小数第三位を四捨五入」の時点で、

最低でも4桁は答えに使うのに

横にすき間なく筆算を書いちゃったり、

縦が足りなくなったりする子がいます。

 

特に答えが少数になる割り算の筆算は

でかくスペースを取って書きましょう。

1ページを6分割とか8分割くらいは使ってほしいですね。

 

ちなみに算数が得意な子とかは

最初からスペースを馬鹿みたいにでかく取ることが多いです。

「きっとこのくらいになるだろう」という予測がつくんでしょうね。

子どもってすごい。

 

 

というお話でした。

何見てるの?

 

こちらもぜひどうぞ。

  

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに2つ参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ banner.png

妻の風ちゃんブログと、LINEスタンプもあります!
banner2.jpg