読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いぶし銀の、文具とねこの日々。

万年筆とノートとほぼ日を中心に、文具とねこを語ります。

テストのときの筆記用具は何を使うべきなのか。

 


ads by Google

みなさんは、テストのときの筆記用具に何を使いますか?

日本だと小学生のころから鉛筆ですよね。

僕は大学生のころはおろか、就活のときの試験でも鉛筆でした。

まぁシャーペンですけどね、正しくは。

僕はDr.GRIPを愛用してましたよ。クリップなしのフレフレ機能のやつ。 

 

アルゼンチンではテストはボールペン 

先日学校でスペイン語の授業中に(社会人向けスペイン語クラスを受講中

先生が「みんなの国ではテストは何で書くの?」と質問をしてきました。

アイルランドインドネシアは鉛筆だ、と答えていて、

日本もそうだよと言ったのですが、

アルゼンチンではボールペンを使うんだそうです。

 

アイルランド人の男性が「どうして?」と聞いたところ、

先生は「鉛筆だと消せてしまうでしょう?

ボールペンなら書いた文字を消せないから、不正を防げる」と言っていました。

おそらく自分が消すことではなく、

回収したテストを第三者が消して書き直してしまうという不正を防ぐ意味が

あるようですね。

 

なるほどね。

 

ただボールペンの場合、書き直したいときはどうするんだろうなぁと

ちょっと疑問になりました。

 

 

アルゼンチンではどんなボールペンを売っているのか

日本だったらジェットストリームやエナージェルなど

とにかくすらすらと書きやすいボールペンが多いですが、

アルゼンチンのボールペンは、いわゆる「普通のボールペン」です。

日本でも有名なBICのボールペンとか

これ↑なんか多いですよー。

 

あとはファーバーカステルペリカンのボールペンも多いですね。

品質はBICと同程度。ダマは出来ますね。

普通に書きやすいボールペンです。

これが我が家にあるボールペン。

ファーバーカステルと、TOYOというメーカーのもの。

TOYOって日本ぽい名前ですよね。ググっても正体がわかりませんでした。

 

実は三菱UNIのユニボール系のボールペンは結構売られてます。

ユニボールSignoもありますしね。

ただ、一本60〜90ペソします。450円から650円くらいですかね。

ボールペン1本にそんなに出すのは馬鹿らしいので買いませんが。

だって日本から持ってきてるもん!

ボールペンではないですが、

呉竹の「筆日和」が売られていたのには驚きましたねぇ。

 

あとはパーカーのジョッターは多いです。色んな所で売られてます。

万年筆でもパーカーを置いてあるお店が圧倒的に多いですよ。

でもヨーロッパほど万年筆文化ではないのかな、という気もします。

学童用の万年筆も20ペソとかで売られてますけどね。

ただペリカンペリカーノジュニアは250ペソくらいします。

1800円弱くらいかな?

日本よりちょっと高いですね。

地味に「いつか買いたい万年筆」だったりします。

 

巨大な敵と戦う風ちゃん。

 

こちらもぜひどうぞ。

  

 

ブログランキング参加中!

ブログランキングに2つ参加しております。

クリックしていただいた数によって毎日ランキングが変わります。

ぜひ1日1クリックにご協力ください!よろしくお願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ banner.png

妻の風ちゃんブログと、LINEスタンプもあります!
banner2.jpg